アズワン社 Lab BRAINSにて三澤の記事「解析⼿法を共有・利⽤する⽅法」が公開されました

アズワン社より機会をいただき、

アンプラットで取り組んでいる解析手法の共有の具体例について書かせていただきました。

本記事では、ANCATの機能をガイドとし、技術の信頼性から、権利、知財、OSSライセンス等の現状を考慮し、なぜANCATでは、そういった仕様にする必要があったのかという詳細部分に触れています。


ぜひご一読ください。



株式会社アンプラット